町の中にたくさんの色があることを感じながら歩いたことなんて
あまりないと思います。
子どもが小さい時に、よく色を見つける遊びをしたのを思い出します。

まずは色を決めて、一番最初に見つけた人の勝ちだったり、
たくさん見つけた人の勝ちだったり自分たちでルールを決めて楽しんでいました。
子どもの目から見ると、街は本当にカラフルなんだなぁて思ったのを覚えています。

もう子供も小学生になったので、あまりそのような遊びをしなくなりましたが、
ときどき電車で遠くへ出かけるときなどに車窓から見える景色の中に
いろいろな色を見つけたりして遊ぶこともあります。

大人だけでは感じられないことが子どもと一緒だと楽しめますよね。

先日、私が住んでいる地域でも大雪となったのですが、
雪がやんで晴れた日に、娘と一緒に大きな雪だるまをつくりました。
そして、雪合戦もしました。

これも子供と一緒だから楽しめたことだと思います。
子どもにお母さんが子どもにもどったみたいと言われるほど
思いっきり楽しめました。

美術館に行っても大人の目線でなくて、子どもの目線で見ることで
何度も見た絵なのに違う感じがしたりすることもあります。

子どもと一緒にいろいろなことを体験するのは、
おとなにとっての初体験になることもたくさんあるんですね。

最近の朝の定番となっているグリーンスムージー。
だいたいいれる野菜は決まっていて、緑の野菜は小松菜やほうれん草、
そして果物にはバナナやリンゴ、キウイ、オレンジ、グレープフルーツなどを
入れるようにしています。

そして有機野菜のセットには、ニンジンが入っていることがおおいんです。
人参は料理に作ることが多いのですが、
それでもたっぷりと使うものではないので、ジュースにもつかおうと思いました。

人参が好きではない母も一緒に飲むジュースなので、
人参の香りをどれだけ消せるかが決め手になります。

まずはリンゴをたっぷり入れて、ニンジン一本分とハチミツや緑の野菜もいれて
作ってみたのですが、ニンジンの味はしないけれど水分が足りませんでした。
ちょっとパサパサした感じで飲みにくかったです。

そこで、瑞々しいくだものを入れた方がいいと考えて
グレープフルーツを入れていました。
グレープフルーツってけっこう味がシッカリしているので、
人参の味は全然しなくて、ちょっと苦みがでました。
そこにハチミツを加えたらとっても美味しい人参ジュースになりました。

母もニンジンが全然気にならないろ話しているので、
これも我が家の定番ジュースになりそうです。
今、とっても悩んでいることがあります。
それが、子どもに携帯を持たせるかどうかということです。

子どもは小学生ですが、来年から習い事で自分でバスに乗って通うことになります。
土曜日の朝で、始発のバスに乗って終点で降りて、歩いて1分ほどのところに
行くだけなので心配はないと思っていますが、
今のご時世、いろいろな事件があったりするので心配です。

他にも、例えば一人で習い事に行っている時に地震が起きたりしたときに
連絡が取れる方が安心だなぁって思ったりしています。

子どもの友だちには、やはり習い事やお友達の家に遊びに行く時だけ
携帯を持たせているご家庭もあるようですが、
自分が子どものころのことをかんがえると、そんなもの誰も持っていなかったのだから
必要無いような気もするし、悩みどころです。

とはいっても子供用の携帯ってそんなにお値段が高いわけでもないので
それを考えると安心の為に持たせる方がいいのかなぁなんて思ったりもしています。

もし、購入するときにはついでに自分の携帯も買い替えたいと思っているので
そのタイミングをかんがえないといけないので、
4月まであと2か月ほど、じっくり考えようと思います。

ちなみにまだガラケーの私。
スマホにするかどうかも悩みどころです。

遊園地

user-pic
0
今年もあっという間に1か月が過ぎてしまいましたが、
今月はたのしみにしていることがあります。
それは、娘の希望している遊園地に行くことです。

週末はできるだけ娘のリクエストを聞いて
色々なところに連れて行ったり、いろんな体験をできるようにしているのですが
今回は娘は遊園地というリクエストでした。

遊園地って珍しくない気がするけれど、
よく考えた見たら娘といつも行くのはディズニーランドばかりで
普通の遊園地には行ったことが無かったことがわかりました。

横浜にある有名な大きな観覧車には家族でのりに行ったことがありましたが、
それ以外には行ったことが無いことがわかりました。

遊園地と言えば、何処がいいかなぁと思ったのですが、
私も若いころ行った以来行っていない後楽園に行ってみようと思っています。

ネットで調べてみたら今は後楽園という名前でもなくなってしまったんですね。
東京ドームシティアトラクションズというそうです。

どちらにしても、昔乗った思い出の乗り物があったりするみたいだから、
娘と二人で楽しみたいと思っています。

2月はまだまだ寒い日が続くので、まだどの週末に行くかは決めていませんが、
できれば暖かい日に行きたいなぁって思っています。
わたしにとっても良いストレス解消になりそうな気がしてワクワクしています。
リラックスタイムと言えば、お風呂と音楽。

お風呂に入っている時間って、本当にリラックスできますよね。
とくにこの季節は、寒さで凝り固まっている体をほぐすのにゆっくりと湯船につかるのが
一番のリラックスタイムになります。
あついお風呂に短めに入るのもいいですし、ちょっとぬるめのお湯にゆっくりと入るのもいいんですよね。

とくにちょっと熱いお風呂に浸かっては出て、浸かっては出てを繰り返すことは
ダイエットにも効果があると聞きました。
何度かそれを繰り返すことで、ジョギングを30分したのと同じぐらいのカロリー消費ができるんですって。運動は苦手だけれど、お風呂は大好きな私には、この方法でダイエットできるなんて夢みたいな話です。

でも、それだけのカロリーを消費することなので、実際にやってみるとかなり疲れます。
リラックスできたという感じではなくなってしまうのが残念です。
だから、ちょっと食べ過ぎたなぁ何て時には、この方法を試すけれど、
それ以外には、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かって、ぼーっと過ごすのが一番いいみたい。

本をもって入って読むこともあるけれど、何もなくてもいろんなことを考えていると
あっという間に時間は過ぎていくものです。

将来の夢

user-pic
0
今、私がパートとして働いている洋菓子店に研修生の女の子がきています。
パティシエになるために専門学校に通っている1年生の子なんですが、
授業の一環で2週間ほど好きな洋菓子店で研修させてもらうことになっている
そうです。

彼女が私のいる洋菓子店を選んだのは、小学生のころお誕生日によくお母さんと
買いに来ていて、美味しくてかわいいケーキが印象に残っていたからだそうです。

彼女は小学生のころから、趣味はお菓子作りです、と答えるほどで、
ずっとパティシエになる夢は変わらなかったそうです。

最近の中学生なども未来のビジョンがシッカリしている子が多いですよね。
将来何になりたいから、大学はどの大学に入りたいから、その大学に入りやすい
高校を選ぶ、そんな風に学校でも指導されているそうです。

私が中学生のころなんて、夢という夢はもっていなかったし、
なんとなくいつも楽しければいいなぁなんて思っていただけです。

だから、高校を選ぶのも自分の成績にあったところで、制服が可愛いからなんて感じで
選んでいて、その先の事までは考えていませんでした。

今どきの子はそういう部分でしっかりしているんだなぁって思っています。
ちなみにうちの娘も小学生の今はデザイナーになるのが夢で、
ニューヨークにあるファッション系の学校に行きたいので、高校から留学を考えて
いるそうです。結構現実的ですよね。
40歳近くになってくると自分の体の変化が気になってきます。
冬になって感じるのは、以前よりも寒さを感じるようになったことです。
以前はあまり寒い寒いという方ではなかったのですが、最近は寒くて朝はとてもつらいです。

以前は、コートの下は薄着だったのに、最近はダウンコートの下にもセーターを2枚重ねして
暖かい下着を着たりしてます。
もちろん寝るときには、パジャマのうえにカーディガンを着たまま寝ることもあるほどです。
足も冷えるので、何枚も靴したを重ねたくなってきます。

そういえば、冷え取り靴下健康法みたいなものが一時期流行りましたね。
シルクの靴下とウールの靴下を重ね履きして、足の冷えをとるというももで、
足が冷えなくなると体全体に健康になるというものだったと思います。
私は、そんな冷え取り靴下専用の物はもっていないけれど、寒い時には何枚も重ねたくなります。
寒いのを我慢するよりも、出来るだけ温かくしておいて、暑いと思ったら一枚減らすぐらいの方が
身体にもいいですよね。

子どもは寒くても元気なのでうらやましいけれど、なかなかそんな風に元気にはいられません。
寒い日にはできるだけ家にいたいと思ってしまうのも、年齢のせいでしょうね。
実は、数年前までとっても嫌いだった家事があります。
家事のひとつと言っていいと思いますが、それはアイロンがけです。
だから、出来るだけアイロンをかけなくてもいいような素材の服を選んだりしていました。

でも、最近はアイロンがけも好きになってきました。
それは、なんとなくほっとできるからです。
アイロンの独特の香りというものがほっとさせるのかもしれませんし、
ただ小さな布に集中してアイロンをかけていくことでなんとなく癒されるのかもしれません。

もともとアイロンがけを毎日のようにするようになったのは、娘が幼稚園の制服を着るようになったから。
白いシャツをきる制服だったので、いつもきっちりとアイロンのかかった清潔なシャツを
着せてあげたいと思ったのがきっかけだったと思います。

それから、小学生になった娘の私服にもアイロンをかけることが多いです。
小学生の場合、思いっきり走り回って遊んだりするので、すぐに洋服が伸びたようになったりしてしまいます。
どんな服でもきちっと着て、清潔感のある女の子であってほしいので、
夏のTシャツもできるだけアイロンをかけるようにしています。

型を整えるためにもいいですし、熱消毒もできるからいいみたいですね。

そして、仕上げに香りのスプレーをシュッと数回吹きかけると、
着ている時も気持のよい香りがするので、リラックスして一日が過ごせるんじゃないかなぁ
なんて思っています。

おみくじ

user-pic
0
毎年、初詣に行くとおみくじを引いています。

もちろん今年も娘とわたし、そして母がおみくじを引いたのですが、
驚いたことに母と私は同じ番号だったので、全く同じ内容でした。

そして、3人とも吉でした。
すごく良いわけでもなく、すごく悪いわけでもなく、今までのように努力をつづけれことで
穏やかな毎日が送れるということなんでしょうね。

私は、毎日、当たり前のように起きて、家の仕事をして、仕事に出かけて、仕事をこなしたら、
家に帰って夕食の準備と娘の勉強の相手、パソコンの前に座って数時間、
そんな変わりのない毎日を送っていますが、この変化のない毎日が私にとっての幸せなのだと思います。

今年もきっと変わりなく、当たり前のように毎日の仕事をこなしていくようになってしまうのかとちょっと不安もありますが、
ひとつひとつの自分の仕事をしっかりと意味のあることにするために、
手抜きをせずに丁寧にこなしていこうと考えています。

おみくじって悪いことが書かれていると困るけれど、
こころがけなくてはいけないことが書かれているので、新年の初めに気持ちを新たにするためには大切ですね。

娘のおみくじには、自分の事ばかり考えずに相手の気持ちを考えると運が開けると書かれていて、
娘も大切なことをひとつ学べたようでした。
子どもの学校でカレーライスづくりのお手伝いに行きました。

まだ、小学3年生なので今回の授業は家庭科ではありません。
社会の授業で計画を立てて、お買いものをして無駄なく使うお勉強ということで
まだ、包丁をまともに触ったことも無いような子がいるので、
保護者がグループに1人ずつついてお手伝いをしてきました。

はじめ、お手伝いに行くことが決まった時には、本当にみんなが料理をすることができるのか
心配していましたが、実際に行ってみるとほとんど手伝うことも無くて助言するだけで
自分たちでしっかりと最初から最後までカレーライスを創ることができたので驚きました。

最近の小学生たちはみんないろいろなことを体験させてもらっているようで、
自宅でひとりで御料理をしたことがあるこもいるし、御料理にこだわりがある子もいたりして、
話を聞いていたらとっても楽しかったです。

カレーの隠し味もグループでそれぞれ話し合って決めたようですが、
チーズを入れたり、チョコレートを入れたりと、それぞれが工夫をしていました。

チョコレートのグループはちょっと多めに入れ過ぎてしまったみたいで、
チョコレート味のカレーになっていましたが、本人たちは大満足だったみたいなので
それでもいいんだろうと思いました。